[PR]

 1日に開幕する国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介さんが31日、記者会見を開き、企画展「表現の不自由展・その後」の会場では、来場者が作品の写真と動画をSNSに投稿することを禁止すると明らかにした。「ネットの炎上」が進行し、展示会の安全にまで影響が及ぶことを避けるためという。

 表現の不自由展では、慰安婦を表現した韓国人彫刻家夫妻による「平和の少女像」など、各地の美術館で撤去されるなどした二十数点を展示する。会場となる愛知芸術文化センター(名古屋市東区)では「撮影写真・動画のSNS投稿禁止」のパネルを貼る。「写真や動画は私的使用に限る。SNS投稿は著作権法に触れる可能性がある」との内容で、文章の投稿は制限しない。

 会見で津田さんは「表現の自由…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら