[PR]

 若山牧水(1885~1928)の短歌100首を英訳した文庫本「THE BOKUSUI」(鉱脈社、税抜き800円)が出版された。宮崎日大高校で英語教師を務めた宮崎市の寺原正喜さん(63)の初著作。翻訳を通して牧水の魅力に迫った。

 本は見開き2ページで1首ずつ採り上げている。左ページに短歌とその解釈、右ページに英語訳とその解説という構成。主に寺原さんが撮影した写真も掲載した。

 幾山河(いくやまかわ)こえさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく

 旅の歌として広く知られる代表…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら