【動画】徒労の作戦「チ号演習」=鈴木峻撮影
[PR]

 かつて鳥取城(鳥取市)が築かれた久松山(きゅうしょうざん、263メートル)の山頂に、太平洋戦争末期に作られたいくつかの壕(ごう)がある。本土決戦を見越して旧陸軍が進めた「チ号演習」と呼ばれる作戦で掘られた壕だが、存在すらほとんど知られていない。

     ◇

 8月上旬、久松山山頂に登った。午前7時だったが、すでに数組の登山客がいた。眼下には若桜街道や千代川など鳥取市の町並みが広がる。鳥取城は戦国時代、攻めてきた豊臣秀吉が兵糧攻めをしたことでも知られる。

 山頂から数メートル下の斜面。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら