[PR]

 成田空港に接する千葉県芝山町の航空科学博物館が今月、開館30周年を迎え、大幅にリニューアルされた。新たに2階建ての付属棟「体験館」を建設し、国内では初めてという最新型のフライトシミュレーター(模擬操縦装置)2基を導入したほか、折り紙飛行機教室などにも利用できる広いホールを備えた。秋には実物大の客室模型も設置される。航空や空港をさらに身近に感じ、好きになってもらおうという狙いだ。(福田祥史)

関連ニュース