[PR]

 治安の悪さで知られる南アフリカのヨハネスブルク。平日の午後10時過ぎ、支局で原稿を書き終え、車で帰路についた。赤信号で止まると、対向車線にパトカーが見えた。この街では、道路で停車中に強盗に襲われる危険があり、安堵(あんど)していると、車を降りてきた警官に、「アルコール検査だ」と威圧的に言われた。

 酒は飲んでいない。路上で検査に応じ、自信満々に息を吹きかけると、機械に「100%」との表示が出た。警官は、驚く私の車に乗り込み、「飲酒運転でお前を逮捕する」と宣告。警察署に連行すると言う。

 理由がわからず動転していたところ、警官が「本当にいいのか?」と意味深長に尋ねてきた。狙いは賄賂だと気づき、「警察署に行こう」と言い返した。すると警官はいきなり車を降り、今度は隣に止まったアジア系の運転手に向かって行った。

 検査機自体、偽物だろう。「1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース