[PR]

 埼玉県久喜市のアパート敷地内で男性2人が襲われ1人が死亡、もう1人が重傷を負った事件で、県警は1日、重傷の男性への殺人未遂の疑いで、ベトナム国籍の職業不詳トン・タット・ズオン容疑者(25)=自称・同市菖蒲町菖蒲=を逮捕し、発表した。「室内でナイフを振り回した」と供述しているという。

 国際捜査課によると、ズオン容疑者は6月29日午後10時ごろ、同市菖蒲町三箇のアパートの一室内や周辺で、ベトナム国籍の男性(26)を包丁のようなもので切りつけて殺害しようとした疑いがある。「男性とトラブルがあった」という趣旨の話をしているといい、現場付近の路上では凶器とみられる包丁が見つかったという。

 現場に警察官が駆けつけた際、死亡した男性を介抱していた同国籍の20代の男性が「知人のベトナム人の男らに襲われた」などと話していたことから、県警が行方を捜査していた。30日午後6時10分ごろ、さいたま市北区の病院から「手を負傷したベトナム人が来院する」との通報があり、約45分後、病院内でズオン容疑者の身柄を確保した。