[PR]

 富士山(3776メートル)は1日、山梨県側で山開きした。昨秋の台風で吉田口登山道の山頂直下の石積みが崩れて登山道をふさぎ、8・5合目(3450メートル)までしか登れない状態だ。

 8・5合目では5人の登山客が日の出を待った。午前4時20分すぎ、雲間から太陽が一瞬姿を見せ、オレンジ色の光が広がると、静岡県富士宮市の山本衛(まもる)さん(76)、雅樹さん(46)親子は「ご来光は期待していなかったのでラッキー」と声をそろえた。10分後には、再び雨が降り出した。

 例年の山開きは大勢の人でにぎわうが、今年は前夜から雨風が強く、登山を諦める人が多かった。

 県は登山道を覆う岩の撤去や落石防止工事を急いでおり、終了すれば山頂への登山を許可する方針だ。

 静岡県側の三つの登山道は10日に山開きを迎える。夏山シーズンは9月10日まで。(河合博司)

入山料支払所 6合目に増設

 今夏から6合目の安全指導センター近くに、富士山保全協力金(入山料)の支払所1カ所が増設され、2カ所になった。

 山梨県などが対象者を「5合目から先に立ち入る来訪者」と改めたためだ。5合目で支払いを呼びかけてきたが、登山目的ではない行楽客で混雑しており、新たに6合目に設けた。

 夏山シーズン中、7人が交代で事故防止パトロールなどに当たる県職員の富士山レンジャーも支払いを済ませた。7年目の荒井みずきさん(44)は「観光のついでに登ろうという軽装の外国人が目立つ。装備や計画は慎重に」と話した。