[PR]

 コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは1日、スマートフォンを使う決済「セブンペイ」を全国の約2万1千店で始めた。ファミリーマートも同じ日にスマホ決済の「ファミペイ」を開始。いずれもクーポンやポイントの付与といった特典を用意し、利用者の囲い込みをねらう。

 セブンペイはセブン―イレブンのアプリに会員登録し、セブンのレジやセブン銀行のATMから入金して使う。商品を買う際にはレジでスマホ画面にバーコードを表示し、店員に読み取ってもらう。

 1日には、セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長が本社1階の店舗で実演し、「お客様の利便性の向上と店舗の負荷軽減が実現する。セブン―イレブンは1日に2200万人が利用している。そのお客様の安心感が強みだ」と話した。

 無料クーポンや独自の電子マネ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら