[PR]

(1日、高校野球沖縄大会 宮古13―2南部商)

 宮古の9番打者砂川大は四回1死満塁で打席へ。4球目を強振すると、打球は右中間を破った。「隙あらば本塁を狙おう」と走ると三塁コーチャーが手を回しているのが見え、一気に本塁へ。捕手のタッチをかわして滑り込んだ。「ベースランニングは得意。自信があった」

 砂川大は次の打席でも満塁で打席に立ち、四球を選んで押し出しに。この日、5打点で南部商戦のコールド勝ちに大きく貢献したが「あとの2打席がダメ。出来は60~70点」と自己採点は厳しかった。