拡大する写真・図版 サマージャンボ宝くじの特設売り場では、行列ができた=2019年7月2日午前7時58分、大阪市北区の大阪駅前第3ビル、茶井祐輝撮影

[PR]

 1等・前後賞合わせて7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」の販売が2日、全国一斉に始まった。大阪市北区の大阪駅前第3ビル前の特設売り場では、約20人が販売開始前から列を作った。

 特設売り場はいつもは同第4ビル前にあるが、今回は工事のため第3ビル前に移転。一番乗りは午前6時過ぎから並んだという神戸市長田区の男性(83)で、「期待しない方がいい」と言いつつ、販売開始の同8時に230枚を買った。

 1等5億円が20本、前後賞1億円は40本。1枚300円で、販売は8月2日まで。同14日に抽選がある。