ジャニー喜多川さん入院 くも膜下出血で6月18日から

[PR]

 ジャニーズ事務所は1日、創業者で社長のジャニー喜多川さん(87)が解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血で倒れ、入院していると発表した。事務所は「今もジャニーは必死に頑張っておりますので、治療に専念することを最優先とさせていただきたく、ご理解ください」としている。

 事務所によると、先月18日午前に体調の異変を訴え救急搬送され、そのまま入院。所属タレントらが面会に次々と訪れているという。

 喜多川社長の容体を巡っては、一部メディアで様々な臆測が飛びかっていた。

 ジャニーズ事務所は1962年に創業。近藤真彦さんや東山紀之さん、元SMAP中居正広さんや木村拓哉さん、嵐、TOKIO関ジャニ∞King&Princeなど人気男性アイドルが多数所属している。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント