[PR]

 「I love you dear」(愛しているわ、いとしいあなた)――。外国人との熱烈なSNSでのやりとりの末、お金をだまし取られるという「国際ロマンス詐欺」が発生した。佐賀市内の60代の男性が計340万円の被害に遭ったという。佐賀北署が1日、発表した。

 発表によると、男性は6月上旬、交際相手を探すマッチングアプリで「米軍人」を名乗る女性と出会った。LINEで「あなたに会いに日本に行く。荷物を送るから」と送られてきたため、住所などを伝えた。すると、発送業者を名乗る者から「税関で問題が生じた」とのメールが届いた。

 男性は手数料などの名目で18日と20日に、計340万円を国内の口座に振り込んだ。24日に同署に相談し、詐欺と分かった。やりとりは英語だった。

 全国で相次いでいるという同様の被害の報告は、県内で今年2件目。同署幹部は「お金を要求された場合は詐欺を疑い、家族や警察に相談してほしい」と注意を呼びかけている。