[PR]

 コンクリート造りの建物が立ち並ぶ街並みの一角に、ぽっかりと、時代に取り残されたような空間が残っている。名古屋市営地下鉄桜山駅のすぐ北側にある同市昭和区の居酒屋横丁「ボンボンセンター」だ。

 一般的なコンビニエンスストア2店ほどの広さに、約10店がひしめく。コンクリートの平板が敷き詰められた細く、曲がりくねった路地。鉢植えやプランターが並ぶ中、レトロな看板が青く光る。店の奥からは「いらっしゃい」と、大きな声が響く。映画やテレビドラマの撮影に使えそうな街角だ。

 ボンボンセンターができたのは、伊勢湾台風の翌年の1960年。横丁の入り口にあった喫茶店で、名古屋市東区に本店がある「ボンボン」の桜山店が名の由来だ。

 10年前、雨宿りでこの喫茶店に入ったことがある。店内は中2階と半地下のフロアがあるロフト形式で、まるで山小屋のよう。昭和チックな雰囲気の中、コーヒーをすすったことを思い出した。2013年の「あいちトリエンナーレ」の際、歴史的に価値のある建築物を訪ね歩くイベントでは、この店も紹介された。

 喫茶店は、店の責任者の高齢で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら