[PR]

 仙台市青葉区台原3丁目のマンション一室で2歳11カ月の女児が死亡し、宮城県警は1日、母親の飲食店従業員土屋りさ容疑者(25)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕し、発表した。6月27日に女児を置いて外出し、30日に帰宅した際には亡くなっていたという。女児の胃の中は空だった。

 仙台北署によると、土屋容疑者は自宅マンションに長女の陽璃(ひなた)ちゃんを3日以上放置し、低体温症で死亡させた疑いがある。「子育てに疲れ、1人になりたかった」と容疑を認めている。陽璃ちゃんと2人暮らしで、27日午前0時ごろ、寝ている陽璃ちゃんを置いて外出。知人男性宅に泊まり、勤め先に行ったと説明している。30日午前11時ごろに帰宅し、裸で横たわっている陽璃ちゃんの異変に気づいたという。司法解剖の結果、胃の中は空だった。土屋容疑者は「のり巻きを1本置いていった。服は着せていた。3日も家を空けたのは初めて」と話しているという。体重は8・6キロで平均体重の3分の2ほどだった。

 市によると、陽璃ちゃんは8~9カ月児の健康診断から受けておらず、当時住んでいた同市泉区の担当者は、土屋容疑者と連絡がつかなかったため、通院先の医療機関から状況を把握。6月下旬には青葉区の医療機関から「虐待などの痕跡はない。年齢相応の発育で特段の問題はない」と報告を受けていたという。市児相は「母親や近隣住民から相談や情報提供はなかった」としている。

 市子供家庭支援課の渡辺信一課長は「SOSの手を挙げてくれない保護者にどう支援を届けるか、悩ましい」と話した。(窪小谷菜月、志村英司)

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら