拡大する写真・図版 インドネシア・スラバヤ近郊にある製紙会社の倉庫で、積み上げられた廃プラ混入の輸入古紙=6月17日、野上英文撮影

[PR]

 日本など先進国から「輸出」されたプラスチックごみが押し寄せる東南アジアで最近、ごみを送り返したり、輸入を規制したりする動きが相次いでいる。大阪であった主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)でもテーマに上がったが、議論は深まらなかった。

 インドネシア政府は6月、第2の都市スラバヤの港に届いたコンテナ5個をプラスチックごみが入っていたとして、発送元の米国に送り返した。製紙会社が輸入した古紙だった。

 朝日新聞が入手したコンテナ内…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら