【動画】香港デモ隊、立法会に突入=益満雄一郎、竹花徹朗撮影
[PR]

 英国から中国に返還されて22年を迎えた香港で1日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求める数百人のデモ隊が、立法会(議会)の庁舎内に突入し、占拠した。ガラスを次々と割り、議場内に英国植民地時代の香港の旗を掲げるなど、香港政府や中国政府への対抗姿勢を強めている。警察は2日午前0時(日本時間同1時)過ぎ、催涙弾を使い、デモ隊の強制排除に乗り出した。

 改正案をめぐっては6月、主催者発表で100万~200万人規模の市民がデモに参加して抗議。政府は改正案の廃案を受け入れる姿勢に転じたが、一部の若者らは改正案の即時撤回などを求め抗議活動を過激化させた。香港情勢は一層混迷の度合いを深めている。

 香港中心部にある立法会前には1日昼、1千人を超える若者が集結。庁舎の壁面のガラスに鉄製の台車をぶつけるなどして壊し、同日夜には数百人が庁舎内になだれ込んだ。

 デモ隊は庁舎内に鉄パイプなどを持ち込んで設備を壊したり、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の辞任を求める落書きをしたりしている。デモ隊は2階にある議場も占拠した。

 警察は当初、催涙スプレーなどでデモ隊を牽制(けんせい)していたが、デモ隊がロビーになだれ込む直前に後退。地元テレビは「庁舎内に警察の姿はない」と伝えている。地元メディアによると、デモ隊と警察との衝突で負傷者が出ている。

 立法会は2日に予定されていた会議をすべて取り消した。

 香港島の大通りでは1日、香港…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら