[PR]

 2017年の衆院選前日に過労状態で公用車を運転し、死傷事故を起こしたとして自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた兵庫県川西市職員の男性被告(53)に対し、神戸地裁は2日、禁錮2年執行猶予3年(求刑禁錮2年6カ月)の判決を言い渡した。安達拓裁判官は「結果は重大だが(被告が働いていた)選挙管理委員会の過酷な勤務が要因の一つと想像できる」と述べた。

 判決によると、市選管事務局主幹だった男性は17年10月21日、公用車で川西市内の期日前投票所へ行く途中、過労から居眠り運転をして対向車線へはみ出し、軽乗用車と衝突。軽乗用車を運転していた女性(当時66)を死亡させ、他の車も巻き込んで4人にけがを負わせた。男性の残業時間は事故前1カ月で229時間に上っていた。

 判決は「休憩して眠気をさます…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら