[PR]

 イランのザリフ外相は1日、貯蔵する低濃縮ウランが、核合意で定められた制限量を超えたと明らかにした。イラン学生通信が伝えた。国際原子力機関(IAEA)も同日、制限量を超えたと発表した。2016年1月の合意履行の開始以来、イランが明確な形で制限を破ったのは初めてだ。即座に本格的な核開発につながるわけではないが、敵対する米国との緊張がさらに高まるのは必至だ。

 合意が定める低濃縮ウラン貯蔵の上限は、六フッ化ウラン300キロ相当(低濃縮ウラン202・8キロ)。同通信によると、ザリフ氏はこの日、「私が受けた報告によれば、制限の300キロを超過した。以前から実行すると宣言しており、核合意の規定の枠内でイランが行使できる権利だ」と語ったという。ロイター通信によると、IAEAの査察により、低濃縮ウランの貯蔵量は205キロに達した。

 イランは5月8日、トランプ政…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら