[PR]

 矯正下着のブランドに「キモノ」と名付け、物議を醸している米国の女性タレント、キム・カーダシアンさん(38)が1日、ブランド名を変更すると明らかにした。一時は名称を変える予定がないと米メディアに語っていたが、日米の批判の広がりに押された形だ。

 カーダシアンさんは先月25日、矯正下着ブランド「キモノ・ソリューションウェア」を発表した。多くの女性に「ソリューション」(解決策)となるようにと、肌の色になじむ9色、XXSから4XLという幅広いサイズで今月から販売される予定だった。

 だが、着物とは関係ない下着に「キモノ」の名を冠し、さらに商標登録まで申請していたことに日本人らから批判が殺到した。

 ブランド名に反対を表明する署名サイトも登場し、日本時間1日夜の時点で12万人以上が同意。世耕弘成経産相もツイッターで「着物は日本が世界に誇る文化です。しっかりと(商標登録申請を)審査してくれるよう、アメリカ特許商標庁にも話をしたいと思います」と釘を刺していた。

 こうした批判の高まりを受けて…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら