[PR]

 山梨県内のワイナリーを巡り、ブドウ畑の観察や生産者との交流を通して好みのワインを探す「ワインツーリズム」が人気だ。

 国内には約300のワイナリーがあり、うち約80が県内に集中する(2017年3月現在、国税庁調べ)。ワイナリー巡りは一般社団法人「ワインツーリズム」が企画し、代表の大木貴之さん(47)は「風の香りや野鳥のさえずりを五感で味わい、参加者どうしが情報交換すればワインへの興味はより深まる」。

 08年に始まり、今では初夏や秋などに甲州、笛吹、山梨、甲斐、甲府、韮崎6市で定期的に開かれる。週末にそれぞれ楽しむ人も増えている。

 5月25日には甲州市勝沼町で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら