[PR]

 安倍晋三首相が6月28日の主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の夕食会のあいさつで、大阪城へのエレベーター設置を「大きなミス」と発言し、バリアフリーの観点から批判が出ていることについて、菅義偉官房長官は2日午前の閣議後会見で「あいさつを読めば、まったく問題ない発言だと分かると思う」と述べた。

 菅氏は、首相あいさつの冒頭部分の「明治維新の混乱で大阪城の大半は焼失したが、天守閣は今から約90年前に16世紀のものが忠実に復元されました」とのくだりを読み上げた上で、「大阪城の歴史的価値と復元の経緯に触れたものであり、批判されるような問題ではないと思う」と語った。

 大阪城天守閣には現在、エレベーターが2基ある。1931年の再建当初から設置されているという。