[PR]

経済インサイド

 安全安心、正確な定時運行――。そんな技術力と信頼性を強みとする、日本の鉄道。鉄道車両をつくるメーカー各社は、成長の糸口を求めて海外事業に力を入れており、政府も鉄道などのインフラ輸出を後押ししています。しかし、海外事業で苦戦するメーカーが少なくありません。背景には、日本の「ものづくり」の常識が通用しない海外特有の事情がありました。

国内では先行き厳しく

 鉄道は国内では新規路線の建設が減り、車両の需要も鈍りつつある。国内向け鉄道車両の生産は1990年代は年間2千両を超えていたが、ここ数年は1500両前後にとどまる。車両メーカーは、「国内中心の事業運営では今以上の成長は難しい」(川崎重工業の金花芳則社長)との危機感を抱える。市場の成長が鈍る中で、競合するメーカーは多く、厳しい競争で「利益率が低い」(メーカー幹部)という悩みもある。

 成長の余地を求め、各社が力を入れてきたのが海外展開だ。20年ほど前から欧米での受注を本格化させているほか、中東やアジアにも手を広げている。

 欧州鉄道産業連盟の推計では、車両や路線設備、保守などを含めた世界の鉄道市場は2019~21年の平均で約23兆円と、21年まで年率2%超で成長すると見込まれている。海外での事業拡大を掲げ、着実に受注を重ねるメーカー各社。ところが、ここ数年は苦戦する例が目立っている。

「基本ができていない」

 「非常に高度な管理が必要な北…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら