[PR]

 朝鮮半島の軍事境界線上にある板門店で6月30日に実現した米朝首脳会談で、トランプ大統領が会談前に金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に送った親書で、板門店で会いたいと示唆していたことが、米韓の外交関係者の話でわかった。両首脳は個人的な信頼関係に基づいた「電撃会談」を強調するが、実現に向けた事務方の事前交渉も行われていた。

 米韓の外交関係者の話では、トランプ氏は6月下旬、ニューヨークの北朝鮮国連代表部ではなく、米高官を平壌に派遣する形で正恩氏に親書を送った。訪韓時に予定する板門店訪問で、正恩氏との会談を望むと示唆。高官に北朝鮮側と協議させ、正恩氏が応じる場合は事前にサインを出すことを確認させたという。

 トランプ氏は会談前日の朝、非…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら