マリーゴールドの根に殺虫効果 自然由来の農薬に活用も

有料会員記事

木村俊介
[PR]

 鮮やかな黄色やだいだい色の花を咲かせる「マリーゴールド」の根から出る物質が土壌中の害虫「線虫」を攻撃する仕組みを明らかにしたと、中部大学のチームが発表した。物質は線虫の表皮から浸透して攻撃していたといい、チームは「自然由来の新たな農薬開発につながる可能性がある」としている。

 植物の根に入り込んで栄養を奪う「線虫」は害虫として知られ、土壌中の線虫を減らす効果を持つ植物は「対抗植物」と呼ばれている。マリーゴールドでは、根から出る物質「αターチエニル」が関わっていると推測されていたが、詳しい攻撃方法が明らかではなかった。

 中部大の長谷川浩一准教授(応用昆虫学)らのチームは、線虫に対してさまざまな濃度でこの物質を与えた。花壇などでの根の周辺とほぼ同様の濃度に上げると8割近くが死んだ。それ以上の濃度では、ほとんどが死んだという。

 線虫は通常、口を閉ざして硬…

この記事は有料会員記事です。残り152文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら