【動画】五輪開幕まであと387日 建築中の新国立競技場が報道公開=恵原弘太郎撮影
[PR]

 市民に開かれた杜(もり)のスタジアム――。2020年東京五輪・パラリンピックで、開閉会式や陸上競技などが行われる新国立競技場(東京都新宿区、渋谷区)の姿が、はっきりと見えてきた。五輪開幕まであと387日となった3日、ほぼ9割が完成した建設現場が報道陣に公開された。新たな競技場の特徴を表すキーワードは、風と木だ。

 記者はこの日午前11時前、競技場南側の歩行者デッキから1層目の西側スタンドに入った。この日は曇り。屋根も完成し、コンコースからは涼しい風が吹き抜けた。担当者は「自然風を取り込んでいる。屋根が観客席を覆うので、体感温度は10度は下がる」と説明した。「気流創出ファン」と呼ばれる大型の扇風機も試運転され、風を送り出していた。

 新国立競技場は建設費を抑えたため、観客席に空調設備がない。その代わりに、自然換気で涼を取る。最上部には風を導く大きなひさしがあり、暑い時は観客席に涼しい風が入り、冬は冷たい風が上に逃げるよう計算されている。このほか「気流創出ファン」を1階、3階に計185台設置したほか、霧を噴射するミスト装置を1、2階の入り口計8カ所に備え付ける。

 スタジアムにいると、木材がふんだんに使われているのが見て取れる。「全ての日本人の心を一つにする競技場をめざした」。デザインを担当した建築家の隈研吾氏の思いが、随所にちりばめられている。

 スタジアム外周部を360度囲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら