元慶応義塾長で、中央教育審議会長などを務めた鳥居泰彦(とりい・やすひこ)さんが1日、心不全で死去した。82歳だった。通夜は5日午後6時、葬儀は6日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は長女茜月(せんげつ)さん。

 慶応義塾大学経済学部長を経て、93~01年に慶応義塾長を務めた。01年には文部科学相の諮問機関の中教審の会長に就任し、教育基本法改正につながる答申を03年にまとめるなどした。会長は07年まで務めた。