[PR]

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が板門店で電撃的に会談した際、新任のホワイトハウス報道官のステファニー・グリシャム氏が、米メディアを拒絶しようとした北朝鮮の警護員に体当たりして取材させた。同氏は腕に青あざができたという。トランプ政権と米メディアは敵対関係だが、今回ばかりはグリシャム氏の初仕事を好意的に報じている。

 トランプ氏は6月30日、現職の米大統領として初めて北朝鮮の地に足を踏み入れた後、正恩氏とともに韓国側施設「自由の家」に移って会談を始めた。

 米メディアが流した映像によると、正恩氏の警護員は米メディアを会談の部屋に入れないようブロック。これを見たグリシャム氏が、警護員の人垣と通路の手すりの間に体を押し込んで隙間をつくり、「Go!」と米メディアを通した。さらに警護員に「彼らを通して」と叫んだ。米メディアによると、同氏は警護員とのもみ合いで、腕に青あざができたという。

 メラニア大統領夫人の広報担当だったグリシャム氏は先月25日、サラ・サンダース前報道官の後任として就任したばかり。米メディアは総じて好意的だ。ニューヨーク・タイムズ紙は、オバマ政権時の報道官の談話として、「報道の機会を与えたという点で称賛に値する。素晴らしい初仕事だ」と報じている。

 トランプ氏は自身に批判的なメ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら