[PR]

 苔(こけ)やモミジの青葉の美しさを見に行く夏の京都旅行の販売に、各社が力を入れている。京都観光は桜や紅葉の季節である春と秋が定番だが、最近は訪日外国人の急増で混雑が激しい。緑の美しさを観賞しつつ、ゆったりと観光できる利点をアピールする。

 苔の庭園で知られる京都市左京区の圓光寺(えんこうじ)。6月末の日曜日の早朝、約35人の観光客が、靴下を脱いで庭の中に入り、歓声を上げていた。裸足で苔の感触を味わいながら、ほうきで庭掃除を体験するツアーだ。

 毎年、京都を訪れているという東京都の広田良子さん(59)はここ数年、混雑が激しくなった嵐山などの観光名所は避けるようになった。「ゆったりとした環境で緑を楽しめるのが魅力」と話す。

 このツアーは、JR東海が苔を前面に打ち出した旅行として、今年初めて企画した。宿泊先をチェックアウトする前の短時間の旅行という位置づけで、往復の交通費がついて税込み4800円。苔のオブジェづくりや座禅などの「体験」もウリにする。

 近鉄グループのクラブツーリズ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。