[PR]

 5歳の次女のほおを殴ってけがをさせたとして、福岡県警は2日、母親の美容師堀内恵(39)=同県大任町=と、内縁の夫のとび職坂本英樹(46)=同県福智町=の両容疑者を傷害の疑いで逮捕し、発表した。堀内容疑者は「言うことを聞かず、腹が立った」と容疑を認め、坂本容疑者は「堀内容疑者がたたいていた」と供述しているという。

 田川署によると、2人は4月下旬か5月上旬ごろ、堀内容疑者宅で次女の顔を複数回平手で殴り、2週間のけがを負わせた疑いがある。坂本容疑者は「食事の行儀が悪く、くせを直すように(堀内容疑者に)言った」という趣旨の供述もしているという。

 堀内容疑者には次女のほかに長女と長男の計3人の子どもがいる。5月上旬、次女が母の交際相手から虐待を受けていると児童相談所に情報提供があり、児相が県警に通報した。警察官が堀内容疑者宅を訪れたところ、次女のほおが腫れていたため、児相と協力し、3人を一時保護したという。