突然送金「詐欺かも、怪しい」 スマホ決済に乗らぬ人々

有料記事

村井七緒子、栗林史子
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 「○○ペイ使えます」――。レジでスマートフォン画面を差し出して支払いができるスマホ決済が急速に広がっている。各社の還元キャンペーンを使いこなして得する人がいる一方で、新しいサービスの利用をためらう人もいる。スマホ決済は何をもたらし、私たちの暮らしをどう変えようとしているのか。

 3月末からスマホ決済を使い始めた都内の男性会社員(46)は、ソフトバンクグループとヤフーが出資する「PayPayペイペイ)」での利用額がすでに9万円を超えた。「20%還元」などのキャンペーン時に書籍や日用品を購入し、還元額も2万円近くに達した。

 「LINE(ライン) Pay(ペイ)」のキャンペーン時にはそちらを使い、ドラッグストアのポイントと組み合わせれば実質3~4割引きになることも。個人情報の扱いに警戒感もあったが、「慣れれば使いやすく、今はデメリットは感じない」という。

 スマホ決済は、スマホアプリ…

この記事は有料記事です。残り1245文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!