[PR]

 高齢者の代表的な死因の一つ、誤嚥性(ごえんせい)肺炎を集中的に治療する「嚥下(えんげ)治療センター」が東北大学病院に発足した。複数の診療科が横断的に連携できる大学病院という特性を生かし、耳鼻咽喉(いんこう)・頭(とう)頸部(けいぶ)外科、歯科、リハビリテーション科が共同で患者の診察や治療にあたる。

 誤嚥性肺炎は、筋力の衰えなどから食べ物を飲み込む動作(嚥下)がうまくいかず、雑菌まじりの唾液(だえき)などが気管支に入ることで引き起こされる。高齢者の肺炎の多くが、誤嚥性とも言われる。

 センターでは、耳鼻咽喉・頭頸部外科の医師らが内視鏡検査やバリウムを使った造影検査で嚥下動作のうちどこが問題となっているかを判断。その上で外科手術か、機能回復訓練などの保存療法かを選択していく。

 治療に歯科が積極的に関わることも大きな特徴だ。外科手術の影響を軽減する義歯や発音装置だけでなく、飲み込みを容易にする装置の開発や、口内の雑菌を減らす口腔(こうくう)ケアまで担当する。

 リハビリテーション科では治療後の患者に対して、食べる姿勢の訓練やのどの筋力アップを指導。家族にも調理方法や生活習慣のアドバイスを行う。

 香取幸夫センター長は、「高齢者にとって、食べることは単なる栄養補給にとどまらず、コミュニケーションの方法、生きる楽しみにまでつながる」と話し、「飲み込む」能力を支える治療の重要性を強調する。(石川雅彦)