姉妹でめざせプロ棋士 久保利明九段の娘、父の背中追う

有料記事

坂東慎一郎
[PR]

 プロ棋士をめざす少女がいる。師匠は父。同じ夢を見る妹と切磋琢磨(せっさたくま)する。

 大阪市淀川区の中学2年、久保翔子さん(13)は、将棋の駒の動かし方を覚えたばかりの4歳のとき、初めて対局した父に手加減なしで負かされた。

 父は関西を代表するプロ棋士の久保利明九段(43)。翔子さんは号泣し、ぱったり将棋をやめてしまった。

 転機は急にやってきた。3年…

この記事は有料記事です。残り694文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料