[PR]

 四国や九州からも生徒が集まってくる将棋教室が、兵庫県加古川市にある。指導するのはプロ棋士の井上慶太九段(55)。過去に3人のプロをはじめ、棋士を目指す奨励会員約30人を育てた。

 加古川市は10年前から「棋士のまち」を名乗る。市内在住・出身のプロが5人おり、筆頭が井上九段だ。隣の姫路市に住む小学5年の炭崎(すみさき)俊毅(としき)さん(11)も、3年前から教室に通う。4月、かつて羽生(はぶ)善治九段も制した小学生名人戦(日本将棋連盟主催)で優勝。教室にはその新聞記事が張り出された。

 保育園で友達が遊んでいるのをまねて、6歳で将棋を始めた。父の宣幸(のぶゆき)さん(47)が買い与えた入門書を次々に読みふけり、腕を上げた。姫路市内の小学生大会で準優勝したころ、周囲から「強なったら加古川や」と言われるようになった。教室を見学し、小学2年の秋、毎週末の加古川通いが始まった。

 兵庫県芦屋市出身の井上九段は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら