[PR]

 著作権使用料を支払わずにBGMを流したとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)が大阪・ミナミのバー経営者に楽曲の使用停止や著作権使用料として約6万2千円を求めた訴訟が大阪地裁(谷有恒裁判長)で和解した。2日付。同協会の代理人弁護士によると、男性が約7万円を協会に支払い、今後は楽曲の使用契約を結ぶという。

 同協会は、大阪市中央区でバーを経営する男性が2013年8月以降、同協会が著作権を管理する楽曲を店内で無断で再生していたとして使用料などの支払いを求めていた。提訴後、男性側から和解の申し出があったという。

 BGMの無断使用をめぐっては、同協会が5月、このバーのほか、山梨県や福岡県にある喫茶店やバーなど計11店舗の経営者らに楽曲使用の差し止めなどを求めて提訴。同協会によると、提訴後1カ月間で全国の店舗からBGMの使用契約の申し込みが百数十件あり、提訴前1カ月より約3割増加したという。(遠藤隆史