[PR]

 国会議員と県議、名古屋市議の昨年1年間の所得などが8日、公開された。公開対象はいずれも、昨年1年間を通じて在職した議員。国会議員は衆院と参院で、県議は県議会図書室で、名古屋市議は市議会事務局で閲覧できる。

 公開された国会議員の県内関係者は衆院27人。参院11人。総所得の平均は2324万円だった。最も所得が多かったのは吉田統彦氏(衆院比例東海、立憲)の3740万円で、歳費のほか、医師としての給与などがあった。次に多かったのは池田佳隆氏(衆院比例東海、自民)の3400万円だった。

 所得のほか、昨年1年間に新たに増えた資産や、今年4月1日時点で報酬を得ている会社や組織、役職名も公開された。

 県議は101人が公開対象で、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら