[PR]

 自民党本部が所属国会議員に「参院選に向けた演説用資料」として配布した冊子が、与野党党首が3日に出演したTBSテレビ「news23」の収録で取り上げられた。野党とメディアを批判し、安倍政権の看板政策を発信する内容。野党党首が安倍晋三首相に見解をただした。

 冊子は同党本部が6月11日付で各議員事務所に配布した「フェイク情報が蝕(むしば)むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識」。キャスターが安倍晋三首相(自民党総裁)に「ごらんになったことはあるか」と尋ねると、首相は「党本部がいろんな冊子を配っているが、いちいち見ていないので知らない」と発言。共産党の志位和夫委員長が「人格をおとしめるようなものを平気で作る。選挙をまじめにやる資格はないと言われてもしょうがない」と首相に反省を促した。国民民主党の玉木雄一郎代表は「こういう冊子はやめてほしい」、政権幹部に近い日本維新の会の松井一郎代表も「“横綱”の自民党も大人げない」と述べた。