[PR]

 元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹(たいき)町)は4日、小型ロケット「MOMO」4号機を13日に打ち上げる、と発表した。今回は紙飛行機を3機搭載し、宇宙空間に達した時に、放出する取り組みも行う。

 同社は今年5月、同型の「MOMO」3号機で、民間単独ロケットとして国内で初めて高度100キロ以上の宇宙空間に到達した。

 次の打ち上げは、大樹町にあるISTの実験場から、13日午前11時5分~午後0時半の間に行われる予定。悪天候などで延期した場合は、同日の夕方か、予備日として14、20、27、28日を設定している。

 搭載する紙飛行機には耐熱のコーティング加工を施し、クラウドファンディング出資者の名前などを掲載。無事に地球に戻ってきて、海などに落下すれば、海岸などで回収できるかもしれないという。

 このほか、和歌山県の酒造会社の日本酒を蒸留した上で、燃料のエタノールに混ぜる予定。スポンサー企業のハンバーガーやぬいぐるみ、眼鏡なども搭載する。

 記者会見したISTの稲川貴大社長は「ロケットを高頻度で打ち上げることで、別次元の宇宙輸送サービスの提供を目指している。4号機を成功させることで、そのスピード感や実績を証明し、次の商業化に向かいたい」と述べた。(中沢滋人)