公明・山口代表の第一声(提供:ANN各社)
[PR]

各党第一声

 今回の選挙は令和の時代、新しい時代に初めて行われる国政選挙だ。これからの時代をどう作っていくかが問われる、極めて重要な選挙だ。

 いま世界を見渡せば、米中貿易摩擦、EU(欧州連合)離脱を巡って色々なあつれきが生じている。日本こそが対話で協調を生み出し、協力と実績を作る先頭に立っていかなければならない。

 国内では、人口減少、少子高齢化が、ものすごいスピードで進んでいる。国内の課題、世界の課題を前にしたとき、この荒波を乗り切るためには、何よりも政治が安定をしなければならない。日本の政治の安定のためには、連立政権に公明党が必要だ。

 消費税をこの秋に10%に引き上げて、子育て支援を含めた全世代型の社会保障に消費税を生かしていく。高齢者のために使った税をはがして、子育てに使うのではない。新たに皆さまからお預かりする消費税を子育て支援のために新しく使っていく。そうした子育て支援を含めた全世代型の社会保障を、国民の声を聞いて、道を開いたのは公明党である、ということを訴えていきたい。(神戸市・大丸神戸店前)