立憲・枝野代表の第一声(提供:ANN各社)
[PR]

各党第一声

 年収200万円以下の2人以上所帯は、1100万人を超えている。どうやって、老後のために、こうした皆さんが2千万円をためられるのか。こんな状況で、消費税をさらに上げられるのか。

 日本は豊かになってきたが、もうけた企業に内部留保され、国民の暮らしに渡っていかない。だから、格差や分断が大きくなる。そして、不安が大きいから、日本経済にとって一番大事な消費が冷え込み続け、社会の活力が失われている。

 一人一人が真の豊かさを実感できる社会をつくり、消費が増えて、経済がもっと元気になる。それができるのは、政治だけだ。

 低賃金だから人手不足の介護職員や保育士の給料は、政治が決めれば上げられる。現場で働く皆さんが安心して働けることで、老後や子育ての安心が高まっていく。お互いさまに支え合い、社会全体の活力を引き出していこう。

 「令和デモクラシー」と、選挙のビラに書いている。隠蔽(いんぺい)、改ざんをし、国民の暮らしの足元に目を向けない政治のバージョンアップを、皆さんと一緒に進めていきたい。(東京・新宿駅前)