共産・志位委員長の第一声(提供:ANN各社)
[PR]

各党第一声

 この参院選で安倍政治サヨナラの審判を下し、国民の誰もが希望を持ち、安心して暮らせる日本をつくる選挙にしていこうではないか。

 今でさえ貧しい年金だ。マクロ経済スライドでもっと貧しくしてしまう政策こそ馬鹿げた政策だ。共産党はマクロ経済スライドをやめて、減らない年金にする。具体的な財源策も示している。

 消費税10%を許していいのかも大争点だ。安倍首相は内需は堅調だから予定通りやると言った。びっくりする。いったい日本経済のどこを見ているのか。これだけ景気悪化の赤信号がともっているのに、増税を強行するのは愚の骨頂でないか。

 安倍9条改憲を許していいのかどうかも争点だ。自衛隊の海外での武力行使が無制限に可能になってしまう。このようなおそろしい道は断じて拒否しようでないか。

 全国32の1人区全てで野党統一候補を実現した。市民連合との共通政策で消費税、憲法、原発、沖縄など共通の旗印が立っている。最大限の共闘態勢で戦い、1人区全部で自民党を打ち破って勝利を勝ち取るため、頑張り抜く決意だ。(東京・新宿駅前)