社民党・吉川幹事長の第一声(提供:ANN各社)
[PR]

各党第一声

国民の暮らしの安心と平和がかかった選挙。安倍政権の下で国民の暮らしは壊されてきた。6割の人が生活が苦しいと厚生労働省の調査に答えている。この実態を改善することこそが、政治に問われている。

 年金問題を通じて明らかになったのは、雇用の劣化だ。労働法制の規制を強化して、雇用の質の確保を訴えていく。国や行政が国民に対して自助努力を求め自己責任を言うことは政治の責任放棄だ。行政や国のあり方、抜本から変えていかなければならない。

 (安倍政権は)集団的自衛権行使を容認する「戦争法」の採決を強行した。憲法の精神を守り国民の暮らしと平和を守る議員を国会に送り出せるか。これからの日本の岐路を左右する選択だ。(東京・新宿駅前)