[PR]

 タイの高級住宅を拠点に振り込め詐欺の電話をかけていたとして日本人の男15人が詐欺容疑で逮捕された事件で、警視庁は、住所、職業不詳の山中翔太容疑者(29)ら男2人を別の詐欺容疑で新たに逮捕した。同庁への取材でわかった。15人も同じ容疑で再逮捕し、これで3回目の逮捕となった。

 山中容疑者は電話のかけ方を指導したり詐取金額の報告を受けたりする現地の管理役だったという。このグループによる新たな被害も判明したといい、同庁は日本各地で計約110件、1億8千万円に上るとみてさらに調べる。

 捜査2課によると、17人の逮捕容疑は3月中旬から下旬ごろ、千葉県柏市の70代女性に有料サイトの未払い料金があるとメールと電話でうそを告げ、電子マネーのギフト券や現金で計830万円をだまし取ったというもの。