[PR]

 トヨタ自動車系部品メーカー「ジェイテクト」は、自動運転と電動化の分野で開発を進めている技術を、三重県伊賀市内の試験場で公開した。次世代製品の開発を強化する。

 自動運転向けに開発中の新技術「シェアードコントロール」は、自動運転と、ドライバーの手動運転を状況に応じてうまく組み合わせる仕組み。例えば、高速道路を自動運転で走っているとき、前を走行する遅い車をドライバーの操作で追い越すような場面を想定している。2025年ごろの実用化をめざす。

 電動化では、電気自動車(EV)を四輪駆動化する新しい駆動システムをお披露目した。EVは車両の中央部に大型電池が置かれ、従来の四輪駆動車にあった前後をつなぐ部品が置けなくなってしまう。これを解決するため、後輪を独自に駆動させる新システムの開発に乗り出したという。