サニブラウン2冠「出力増大、レベル違う」 朝原宣治氏

有料会員記事

[PR]

朝原宣治の目

 先月末の日本選手権でサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が短距離2冠に輝きました。世界のトップを常に見ている彼にとっては優勝も通過点。頼もしく思います。100メートルの優勝タイム10秒02は私のベスト記録。それをサニブラウンは「何とも言えない」ですからね。レベルが違う。

 一昨年に2種目優勝した時よりも、筋力がついた分、一歩一歩の出力も大きくなっている。フォームは2年前の方が良かったというような声も聞きますが、結果がすべて。その時より速いタイムで走っているのですから。

 100メートルの予選はスタ…

この記事は有料会員記事です。残り597文字有料会員になると続きをお読みいただけます。