[PR]

 児童虐待防止を啓発する「オレンジリボンたなばたフェスタin滋賀」が6日、滋賀県彦根市竹ケ鼻町のビバシティ彦根で開かれる。子ども食堂の活動を紹介するパネル展や音楽ワークショップなどが催される。

 フェスタは午前10時~午後4時。児童保護に携わるNPO法人や養護施設などの団体が参加する。子どもの遊び体験ブースや「おとなに一言」などのブースも設けられる。

 オレンジリボン運動は、県内では2006年、高島市で2歳の女児が虐待で亡くなったことをきっかけにして広まった。

 フェスタを主催するCFRびわこは、保育士や教員ら約150人が参加。琵琶湖1周たすきリレーなどを企画して、児童虐待防止を呼びかけている。(田中昭宏)