ドローンの飛行情報、誰でも閲覧可に 衝突事故防ぐ狙い

有料記事

贄川俊
[PR]

 国が飛行を許可したすべてのドローンの運航情報を、第三者がネットで見られるようになることが分かった。1年後に迫った東京五輪パラリンピックを前に、情報を広く共有してドローン同士の衝突やヘリコプターなどとの事故を防ぐ目的がある。

 国土交通省航空法に基づく通達を改正し、7月中に施行する。それ以降、国の許可が必要な空域でドローンを飛ばす人は事前に情報をサイトに登録することが義務づけられる。

 公開されるのは、飛行する日時や場所、高度といった情報。ドローン運航者向けの国交省のサイト「飛行情報共有システム」(https://www.fiss.mlit.go.jp/別ウインドウで開きます)に登録すると、地図上に情報が示される。

 国の許可が必要ない空域で飛ばす際の情報も入力できる。運航者でなくても、利用登録すれば誰でも情報を閲覧できる。

 背景にあるのは、ドローンの…

この記事は有料記事です。残り627文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。