羽根直樹九段が残留決める 囲碁名人戦リーグ

有料記事

[PR]

 第44期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)は4日、第8ラウンドが始まり、羽根直樹九段が鈴木伸二七段に白番2目半勝ちして4勝3敗とし、今期リーグの残留を決めた。鈴木は2勝5敗となり、リーグ陥落の崖っぷちに追い込まれた。

 鈴木が勝てば羽根と同星で並ぶ残留争いの一番は、羽根の地元、名古屋市日本棋院中部総本部で打たれた。

 黒番の鈴木は序盤、左辺にお…

この記事は有料記事です。残り301文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!