[PR]

コパの薫り 南米選手権から

 2日にあった南米選手権準決勝第1戦は見応えある試合だった。地元ブラジルが2―0でアルゼンチンを下したが、ともに球際での争奪戦と技術力、そして意地と誇りのぶつかり合い。南米の顔といえる2強による一戦は、競い合うライバルが存在するありがたみも感じさせた。

 1次リーグを2勝1分けの1位で勝ち上がったブラジルに対し、アルゼンチンは1勝1敗1分けと、1次リーグ最終戦でようやくカタールを下して苦しみながら2位で準々決勝に進んだ。昨夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会から若返りを進め、調子の波の大きい試合を続けていた。

 試合前にブラジルのベテランDFチアゴシウバが語っていたのは、宿敵に対する警戒だった。

 「調子がよくないときであっても、アルゼンチンはアルゼンチンなんだ」

 それまでのチーム状態と、ブラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら