[PR]

 実刑が確定した無職小林誠容疑者(43)が刑務所収容前に逃走した事件で、小林容疑者が神奈川県警に対し、逃走の目的について「覚醒剤を抜きたかった」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。尿から覚醒剤の陽性反応が出ており、県警は覚醒剤取締法違反(使用)容疑でも調べる方針。

 小林容疑者は6月19日午後、収容のため自宅を訪れた横浜地検の事務官に包丁を振り回して逃走したとして、公務執行妨害容疑で横浜地検に逮捕、起訴された。3日には、自称建築業幸地(こうち)大輔容疑者(38)=犯人蔵匿容疑で逮捕=に、自分をかくまうよう依頼したとする犯人蔵匿教唆容疑で神奈川県警が再逮捕した。小林容疑者は幸地容疑者について「知人を介して6月20日に初めて会った」と供述しているという。