[PR]

 海や船に親しみを持ってもらう国土交通省の「C to Seaプロジェクト」を兵庫県内でPRするアンバサダーに5日、姫路市のご当地アイドル「KRD8(エイト)」が就任した。

 同プロジェクトは、子どもや若者をはじめとする多くの人に海や船の魅力を知ってもらおうと、2017年夏にスタートした。インターネットサイトやSNSで海のイベント情報などを発信。瀬戸内海で活動するアイドルグループ「STU48」が、昨年からアンバサダーを務めている。

 今年はご当地アンバサダーの任命が各地で始まり、同省の神戸運輸監理部が、開港60周年を迎えた姫路港がある姫路のKRD8に白羽の矢を立てた。

 KRD8は14年にデビューし、現在は7人で曲の発表やイベント出演を続けている。この日、姫路海事事務所で任命状を受け取ったリーダーの宮脇舞依さんは「任命されて光栄です。海の魅力を色々な人に伝えていきたい」と話した。15日に同港である「海の日」のイベントをはじめ、同プロジェクトをPRしていく。(伊藤周)